体のことなら、川崎市宮前区の鷺沼カイロプラクティック鍼灸整体院にお任せください。

〒216-0004 神奈川県川崎市宮前区鷺沼3-3-1 伊藤ビル203
東急田園都市線 鷺沼駅 北口より徒歩2分  宮前平駅より徒歩15分

営業時間

平日  9:00~20:00
土日祝 9:00~18:00

休業日

曜日

ホームページを見てとお問い合わせください

044-789-9977

ぎっくり腰(急性腰痛)

ぎっくり腰(急性腰痛)について

ぎっくり腰は急性腰痛ともいわれ、急に起きた腰の痛みの総称です。多くはズキッとした強い痛みが腰に走ったり、腰に力が入らなくなり体を動かすのも困難になる事があります。大きく分けると筋肉性のものと関節性のものに分ける事ができます。

 

筋肉性のぎっくり腰

筋繊維や筋膜に普段から負荷がかると、その部分は血流が悪くなります。そうすると栄養や酸素が行かなくなり、慢性的に疲労してきます。このような状態では筋肉組織が弱くなるため、損傷しやすくなります。とくに前かがみになった時になりやすくこの場合痛みが出るのは筋肉上に出る事が多いです。

関節性のぎっくり腰

関節の周りには関節を安定させるための靭帯が付いています。この靭帯のおかげで関節は守られています。腰の椎間関節や骨盤の仙腸関節などに長期間負荷がかかっていたり、急速な力が加わったりすると周りについている靭帯が損傷し、痛みを出します。この場合、骨の上(関節部分)に痛みが出る事が多いです。

ぎっくり腰になった時の対処

筋肉性、関節性ともに局所的な炎症が起きて熱感がある状態になります。そのため患部は冷やす事が第一選択になります。冷やす場合、氷嚢に氷と水を入れ冷やすのがベストです。
もし氷嚢がない場合、代替えとしてビニール袋に氷を入れて冷やす事も有効です。20分間患部を冷やし、一度外して皮膚の温度を戻したら再び20分間冷やしましょう。反対に温める様な事をすると炎症を強めてしまう事になるため、控えるようにしましょう。

この炎症期は約72時間続くため、その間損傷している場所には痛みが残ります。炎症期を過ぎると徐々に痛みは無くなりますが、場合によって損傷したところは組織どうしがくっついてしまう事があります。これが長期間続くとくっついた部分は血液が流れにくくなり栄養、酸素が不足しやせ細ってしまいます。
この状態では筋肉が上手く働く事ができないため、再受傷しやすくなってしまいます。そのため炎症期が終わってからは積極的に患部の治療をおこなうのが理想です。
 

対処のまとめ

① 受傷後は速やかにアイシングをする、一回15分間行うそれ以上は逆効果となる。
② 熱を持っているため約72時間は患部を温めたり、揉んだりはしない事。
③ 痛みのある動きや体勢は患部に負荷がかかっているという事になる為なるべく避ける。

当院の施術について

あまりにも痛みが強く動くのが辛い時は患部を冷やして安静にしている方が良いと思います。痛みが少し楽になり、動けるようになってきたらカイロプラクティックや鍼灸の施術を受けて患部への負担を減らし、問題を起こしている筋肉、関節のバランスや動きを整え、再度ぎっくり腰を起さない予防の為の体づくり姿勢指導、運動指導等を行っていきます。

お問合せ・ご予約はこちら

お問合せ・ご予約は、お電話にて受け付けております。
まずはお気軽にご連絡ください。

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せ・ご予約はこちら

044-789-9977

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。

鷺沼カイロプラクティック鍼灸整体院

住所

 〒216-0004
川崎市宮前区鷺沼3-3-1  203

東急田園都市線 鷺沼駅 徒歩2分
たまプラーザ駅、宮前平駅より1駅

営業時間

営業日
 
午前×
午後×
営業時間

平日  9:00~20:00(最終受付)
土日祝 9:00~18:00(最終受付)

休業日:月曜日

044-789-9977